2017/02/13 19:08

立春も過ぎ、春の気配も感じられる今日このごろ。


と言いながらも、オランダでは、まだまだ冬まっさかり、と言った感じです。
先日も雪が降り、近所の広場では雪遊びを楽しむ人達で賑わっていました。
日本もまだまだ寒い日が続きそうですが、もうじき桃の節供を迎えますね。
ということで、桃の節句の豆知識を今日はお伝え致します。

日本には、季節の節目に厄除けや健康長寿を願う風習があります。
その5節句のなかの一つが、3月3日の桃の節句。
本来は上巳の節句と言ったそうで、桃が古来より、厄除けによいとされていた頃から、上巳の節句に桃を飾るようになったのだとか。
それが由来で桃の節句と言われるようになったそうです。
そして、桃の節句に欠かせないのが、雛人形ですね。
もともとは、紙や草、藁でつくった人形を身代わりにして川に流すことで、厄除けや健康長寿の願いをしていたそうです。
この流し雛が、現在の雛人形の原型と言われているようです〜。

そして、私が完全に間違えて認識していたのが、
お内裏様の意味です!
きっと、勘違いされてる方も多いのではないでしょうか??(私だけ。。。?!)

保育園や幼稚園で歌われる、「うれしいひなまつり」の歌詞
”お内裏様とお雛様〜二人並んですまし顔〜”
から、お内裏様が男の雛人形をさしているのかと思っていました。
が、どうやら、違うようです!

お内裏様とは、天皇とその妻の皇后を表す呼び名だそうです。
ということで、お内裏様は、男の雛人形だけではなく、二人をさしているのです!


さてさて、
女の子の健康長寿を願う、桃の節句。
みなさま、ご準備はお済みですか?

我が家にはお雛人形を飾るスペースがない!という方や、
子供が触って大変、心配!
という方に、羊毛のお雛人形がオススメです♡

ふわふわ草木染の羊毛は、ちいさなお子様の手にも優しく、
羊毛ならではのやわらかい雰囲気が、春の訪れを祝うのにぴったりです♡
気軽に飾って桃の節句をおこさまとご一緒に
楽しんで頂けたら幸いです。

写真の雛人形

サイズ 男雛:高さ 約15cm
              女雛:高さ 約11cm
    桃の飾り :高さ 約21cm

前回UPさせていただきました雛人形のセットは完売いたしました。
現在、ご案内出来ますのが、こちらの写真のお雛人形のセット(雛人形2体+桃の木+フェルトマット3色)になります。

価格:¥3,200
   €26,45
※別途送料
お求めはこちらから→

オランダよりご希望の方は、下記お問い合わせページよりメッセージくださいませ。
もしくは、お手数おかけしますが、tukinonetesigoto@gmail.com まで、お問合せいただけましたら幸いです。



love and thanks
peace!